×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


必殺! 投資法 売りを考える
ロスカットの目安

デイトレ編

 1, 買い支えの手前で買った場合は、支えが崩れたらロスカット
 2, 上昇中の銘柄に飛び乗った場合は、少しでも下がったらロスカット
 3, ○○円損したら、あるいは○ティック下がったらロスカット
 4, 前日(当日)の安値を更新したらロスカット

スイング・中長期編

 1, 新安値(期間は1週間、1ヶ月など)更新でロスカット
 2, ○○円損したら、あるいは○%値下がりしたらロスカット
 3, ニュースなどで値下がりしだしたらロスカット
    (好材料でも下がることはよくある)

 デイトレでは地合いが悪化したら、すぐに逃げてください(市場の意志が働く前に)。
 スイング・中長期では個別銘柄に対してのニュースなら、値下がりしだしたらすぐに逃げましょう(好材料でピークを付けることも多々あります)。市場全体が暴落したときは、下落に継続性のある内容かを考えてする事です。
 まずは、このあたりから実践しましょう。前にも書いたように、感情は一切いらないのです。機械的に実行するのです。決して”塩漬け”を作ってはいけません。
 慣れてきたときには”自分のスタイル”が確立され、本当に”自分の意志で損切り”出来るようになっているかと思います。
前へ     索引へ   先頭へ     次へ