×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


必殺! 投資法 売りを考える
ロスカットは宿命の敵
 ロスカット(損切り)は投資の世界において宿命の敵といっても過言ではありません。
 たしかに利確も大事ですが、ロスカットはもっと大事なのです。投資とはお金を儲ける、増やすためにするわけですが、それを実現するためにはまず、損しない、減らさないことが重要になるわけです。
 リスクを先に考えて投資することが大事です。ロスカットによくあるパターンでは、ロスカットするとそこが底値で反発し、損切りしないとそのままドンドン下がっていく、ということがよくあるので判断に迷うことは多々あります。でも、ロスカットラインを割り込んだときは何が何でも絶対にロスカットしてください。下がったから売れないでは絶対にダメなんです。
 それでは、もしロスカットラインを割り込んだ時点でロスカット出来なかったら、今度はどこでロスカットするのでしょうか?「もうちょっと、もうちょっと」が続いて”塩漬け”にしてしまい、結局耐えきれずに今度はホントの大底(買うべき場所)でロスカットしてしまうことになりかねないです。
 ロスカットラインを割り込んだら、いったん手を引き、下がりきったところで買い戻す、下がらずに反発したら縁がなかったとあきらめる、などして第一段階でのロスカットは徹底してください。そうでないと、下がり続ける間に拘束されている資金と、時間のムダです。それに、そのような株を持ち続けることは、精神衛生上非常に良くないことです。

前へ     索引へ   先頭へ     次へ