×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


必殺! 投資法 基本の投資戦略
歩み値で流れを読む
 歩み値情報の過去10分間の統計から株の流れを予想する。

歩み値が上がっているものと動いていないものだけだった場合、株価は上がっていきやすい。
歩み値が下がっているものと動いていないものだけだった場合、株価は下がっていきやすい。
歩み値が動いていない場合はその後も株価は動きにくい。
歩み値に上がっているもの、下がっているもの、動いてないもの全てが入っている場合は、多いものの方向に動きやすい。

 動きが速いときは5分あるいはそれより速い単位で見て、買われたときの板の食われ方、売られたときの板の食われ方、それぞれの大小にも注目する。
前へ     索引へ   先頭へ     次へ