×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


必殺! 投資法 相場のトレンド
ポジションを組む時期

買いの場合

 上昇相場の時は、評価損率が20%の水準で買い。2番底なら15%で。下落相場の時はいったん反発を待つべし。
 1番底で参加できなかった場合は、焦らずに2番底を待つこと。2番底を逃した場合も本格的な上昇までに買い付ければ問題はなしです。下降相場に転換した可能性があるときは2番底の値段で損切りする。

売りの場合

 上昇相場の時に訪れた明らかな暴落時。寄り付き後は戻ることが多いので、そこを売り込む。数日間にわたって下げるので絶対に売る。追証売りらしきものが出るまでポジションを維持。2番底は下落を待ってから仕掛ける。
 下落相場の時は一時的な吹き値を売り込む。上昇転換した可能性があるときは、吹き値の水準で損切りする。
前へ     索引へ   先頭へ     次へ