×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


必殺! 投資法 売りを考える
最大の難関”売り”
 株式投資で一番難しいのは、誰がなんと言おうと”売り”です。人は皆、売りの局面になると特有の心理が働きます。
 それはズバリ”欲”です。欲が出るから売りが難しいのです。もちろん買いも重要です。入り口である買いがデタラメだと、最終的な結果もデタラメになります。
 ですが、売りの局面にある”欲”のコントロールが出来ないと、最高のタイミングで買うことが出来ても、その取引がたまたま成功したという結果に終わって、後々の失敗を約束してしまうようなものです。特にデイトレで買ったつもりの銘柄が値下がりしたために、”利益が出るまで”持ち越しとか、値上がりしたから明日も”もっと上がるだろう”と持ち越しなんて事はしないようにしましょう。株で損をする人の特徴は”欲の塊が大きい人”なのです。

 投資の世界には何が正しいか、間違っているかは正確にはありません。それはタイミングがいつでも異なるからで、その中で最終的に利益を積み上げていくことが正解であるとしか言いようがないのです。
 前にも書きましたが、お金を欲しがるのではなく、勝利を求めるということを忘れてはいけません。
前へ     索引へ   先頭へ     次へ