×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


必殺! 投資法 真の投資家とは
する前になる事
 さらにさらに補足です。世の中にはなる前にする人があまりに多すぎます。行動を起こす前に自分が、
「それを”する”にふさわしい人間に”なって”いるのか?」
と、まずは考えてみてください。
 人には自分の現在のレベルに見合ったふさわしい行動が結果を生みます。現在の自分より高いレベルの行動を背伸びして行っても絶対に成功しません。まずはその行動を起こせるレベルに自分が達してから行動するのです。
 ちょっとややこしい話になりましたが要するに、
「物事には順序があるから、その順序を間違えることなく一歩一歩確実に前進してくださいよ。」
ということです。
 世の中には自分が変わろうともせずに、他人を自分にあわせさせようとか、他人を変えてやろうと考えてる人間が多すぎます。これは、

  ”なる前(できてもないくせに)に
           する(できていると勘違いして)”


の典型的なパターンです。
 本当に人のためを思ってその人のことを変えてやろうと思うのなら、まずは自分が変わることです。自分がなってもいないのに人にさせようと思ってもできるわけないのです。人を変えるよりも自分が変わる方が、簡単で早く確実に実現すると思いますがどうでしょうか?

 投資やギャンブルで負ける人が多いのはこういった理由があります。その手の人たちは確実に次のような考えを持っています。
”勝ったときは自分の実力、負けたときは他人のせい”
 性格的な特徴は、”自分には優しく、他人には厳しい”です。

 投資やギャンブルに限らず、すべては「自分の責任にある」ということを忘れないでください。何が起こっても自分の責任です。
 まずは、その責任を取れるように”なる”事から始めましょう。
そうなる事によってはじめて、利益をあげられる勝ち組投資家に”なる”事ができるのです。
前へ     索引へ   先頭へ     次へ