×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


必殺! 投資法 大口の仕掛け
相場操縦は証券会社の特権@
 株価の大半を決めてるのは大口投資家ですが、その中でも特に決定権を持っているのは誰でしょうか?
 言うまでもなく証券会社です。見せ玉は大口投資家は誰もが使っていますが、空売りの大量仕掛けが規制を受けることなく行えるのは証券会社に他なりません。
 かつてジェイコム事件というのがありましたが、そのときの誤発注の内容から見て安易にわかります。
 「68万株を1株売り」を「1円で68万株売り」
ちなみにジェイコムの当時の発行株数は1万4千株で、浮動株は当然ながら半数にも満たないです。これだけ大量の空売りが規制を受けることなくできたというのもおかしいのに、そのうえ上場初日の銘柄に空売りというのも通常できるわけがありません。
 ですが彼らはやっているのです。空売り規制だのコンプライアンスなど言っておきながら、自分たちは平気で個人投資家を欺き食い物にしているのです。
 この事件で大損失を抱えることになった証券会社も、きっとその罰が当たったのでしょう。せめてもの救いは、個人の仕掛けなら逮捕者が出たでしょうが、そうならなかったのも彼らの特権ですね。
前へ     索引へ   先頭へ     次へ