×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


必殺! 投資法 真の投資家とは
真の投資家への道
 大相場が訪れて株価が大暴騰すれば誰もが喜びます。そして大半の投資家が有頂天になって、その後に訪れる暴落で全財産をなくす。
 しかし、本物の投資家は大相場でも利益は当然のように出しながら、その後の暴落で上昇時以上に稼ぎます。そして暴落後の反発でまた稼ぎ、反発後の急落でまたまた稼ぐ。そう、真の投資家は上昇時よりも暴落時の方がいっぱい稼いでいるのです。それも上昇時よりも数倍短い短期間のうちに数倍近いお金を。
 買いポジションのことを「ロング」といい、売りポジションのことを「ショート」といいますが、この言葉からわかるように、長期(ロング)で利益を出すのが”買い”で、短期(ショート)で利益を出すのが”売り”だということです。
 暴落を恐れている人は多いです。自分だって最初はそうでした。でも、真の投資家は暴落を心待ちにしています。今の私ももちろんそうです。ですから皆さんも暴落を大歓迎できるようになりましょう。
暴落を怖がっているうちは暴落の餌食になり、決して投資では成功しません。
前へ     索引へ   先頭へ     次へ